Slowing Rotation Countdown! :遅れている回転へのカウントダウン!8Aug-04
6月16日、2003に始まった

この秒読みページは、ベースラインを成形するために回転停止と歩調を合わせてほとんど出現すると予測される赤い塵と歩調を合わせて始められた。
コメントは要約テーブルの下にある。
いくつかの手段が取られて、都市のための公式な日の出/日没に基づき、マーカーの他は、日毎の違いを決定するために置いた。傾向は何が重要かである。
分単位のカウントダウンについてゼータによれば、日の出および日没両方は、北半球で夏至に近づくにつれ、早くなり、南半球の彼らが、日が冬至になるにつれ、長くなったのを発見するだろう黄道から昇るにつれ、それは、惑星Xに太陽からの光の到来が、曲げられている結果である。
・ 従って、正午は、回転において変化を日ごとに測定するのにより良い時間である。
-★★ 海軍によって、早められた回転の遅滞に適合していた原子時計、又は時計ではなく、マニュアルの腕時計、又は時計が推奨される。日あたり違いを決定するために
マーカーの設置が推奨されて、海軍によりコントロールされた出版された日の出/日没時によってチェックしないこと
曲がる日光は重力影響する惑星Xを考慮されるべきである。

11月-03の傾向 は、 Skymapに対して比較される時にwebcam写真において遅れることを示している!
注:11月 29日の地球傾き、又は上昇が、ボストンとフィッリッピンの早い日没を起こした。
注:11月30日の地球傾き、又は上昇は、イースト・コーストの遅い日の出とニュージランドの同量の早い日の出を起こした。
注:12月16-17日の遅い日の出は、たぶん地球の傾きにより起こされたより正常な正午、ー太陽へ向かう地球的なの南磁極

注:12月18日に、早い日の出と遅い日没 、地球軌道は逆転したか?
注:12月29日ー分単位の遅れ、吹き払うアームー12月25-30日に影響し、しかし至点変化なしで、軌道は全然逆転しなかったか?
注:1月4日−04ー早い日の出と日没、吹き払いアームポイントの軌道反転が、明白である!

注:早い日の出と日没、明白な吹き払うアームのポイントでの軌道の反転、!
注:1月9日、ドラマチックな傾き イタリア世界的アイスランドの北極の証拠は、写真を複雑にし、遅れはマッチする!
注:1月19日
傾き北極はシベリアに移動、次に
モンゴルに移動し、再び写真を複雑にした!
注:1月28日:春分点でなく、秋分に戻る軌道停止と反転のため、太陽マーカー板を横切って早い。
年鑑-対-海軍 の1時間の違い!
註: 2月10日: 星座は、軌道上での反転を示し、それで遅れは相殺され、そして、早い日の出と日没により隠される。

註: 2月19日の太陽の吹き払いアームは地球を黄道で少し降下させた 北半球での 早い日の出と日没が観察され、 イタリア からの証拠がある。 注: 2月27日極端な傾き南半球で早く、北半球で遅くさせている。


Note: May 11-16 「吹き払い」 は地球の傾き/片寄りのため、遅く、又は早い日の出と日没時を動かす
註: 7月3日
地球のぐらつき は米国の東海岸と西海岸、日本の間の違いが注目された。
註: 7月20日
長い日が夏至の後の予想されたものより逆になった。ーまだ長い。

 
Comments for Aug 1-04
Comments for Aug 2-04
 下のリポートは誠実であると思われているけれども、いくらかの故意の情報がとして、予期されるべきである。:

このことに関し、私達は変化を捜している、どのような与えられた時計係のための急速な変化でも。
 私達は、すでに15分、20分、25分遅いと示すマニュアルの時計を使っている人々は、彼らの注意に依存して、よりゆっくりで、原子時計は一緒にクリックし、そして、これが、彼らの時計を視ている人々にとり、明白ではない、そして頭上の星座やそのようなものも。
 しかし、これは、地球の非常にゆるやかな遅さのため、原子時計とマニュアルの時計の違い、マニュアルの時計がリアルタイムが持つものである、それは海軍により秘密にアップデートされない。
 しかし、回転の変化は、混乱でもある。あなた方は、独力で変化を捜すべきである。  正午に現在、あなたがあなたのマーカーから★45分の遅延を経験しているならば、ある日に、それが★1時間と15分になり、次の日に再び、それが★別の30分になる。   これは、大きな何かが起こる★あなたの手掛かりである。

 私達は、このタイプの時計観察をナンシーに報告するように、人々に勧める。 3ヶ月の間、あなたがこれをしているかどうかにかかわらず、それは重要ではない。  正午にベースラインを設定し、毎日、影が落とし、太陽が設定するものを観察しなさい、それらの日が来る時には、あなたは1、又は2分の変化を見るはずがなく、あなた方は心配するが、別のものの日の後で、★30分ほどそれを飛び越す。
★そして、警報ベルは、爆発するはずである
ZetaTalk: 遅滞の決定

夏至点後の週の傾向。
6月20日から26日まで : 遅れた日没がますます、報告されている、しかし、又光の曲げのため早い、そして赤い夜明けがますます、又遅れている
しかし光の曲がりは、ここで要素であるかもしれない;正午の太陽は、まだ規則的に遅く記録されている、二つの太陽からの強烈なまぶしい太陽光と共に。
6月27日から7月3日まで週の傾向 : 遅くて血のように赤い日没、スターメーキングの遅れ、TVとウエッブカメラの時が、早められている、海軍サイトは、閉じられた。
: 遅滞と血のように赤い日没の1セット、海軍の日/時サイトが閉じられている。
7月4日から10日までの週の傾向 : 遅い正午と日没のほとんどの日毎の増加、しかし回転のうねり。
7月11日から17日の週の傾向:

: 日没遅くよりも速くなった(振れた)正午と朝日は着実にこっそりと進む。

7月18日から24日までの週の傾向 : later noon by 大きなステップの正午の遅滞ドラマチックな日の出/日没 、2つの太陽は物事を混乱させる。
7月25日から31日大西洋の裂け目の掴まれる時に、増大した地震と火山の爆発として起こるシリアスな回転の変化。
8月1日から7日までの週の傾向:南極プレートの主要な調整、継続し回転の変化の増大。
8月8日から14日までの週の傾向。
8月15日から21日までの週の傾向::経度計測による遅らしている回転と地球の地軸と軌道の混乱!

経度緯度の計測による回転遅滞
8月22日から28日の週の傾向: ★極端な回転の変化、月は全く、不規則で、 とても遅い日没
軌道の移動が、確認された!
8月29日から9月4日までの週の傾向:★緯度(地球傾き)効果で早い満月、非常に遅い正午。
9月5日から11日までの週の傾向:地球の 傾きと注目される月/火星の異常な激動、計測は(海軍のベースラインとでも)すべてと比べて遅れている

9月12日から18日までの傾向:三ヶ月の古いベースラインでのタイムキーパーは、★★正午の1時間の遅れを発見した、軌道を野性的に離れて。
9月19日から26日への傾向:3ヶ月前、ベースラインセットからの正午が、一貫して★★1時間の遅れを示し、地球傾きの変化は、記録され、文書化された、海軍は、また、再び彼らのオンラインのウェブサイトで日の出/日没時を調整する。
9月26日から10月2日までの: 傾向は極端な激動で隕石が増加し、写真は「来た!」集合体を示している.。
10月3日から 9日まで: ロシア人のタイムキーパーが、確認した地球的な激動
10月10日から16日まで の傾向は、★日毎の正午の遅れが、始まり、日に数分である。
10月17日から23日まで: の傾向は、月の月齢段階からのずれ、火星の予測のずれ、地球の黄道への突出
10月24日から30日までの傾向: 一層の異常さ、早い日の出、遅い日没 、日毎の分単位の変化。
10月31日から11月6日の傾向: 地球の軌道の変化は、早い正午を起こした
11月7日から13日までの傾向: 多数のが、関心を示し、参加した
11月14日から20日までの傾向: 板をクロスして、遅くなったが、少しである。
11月21日から27日までの傾向: ★静止している.
11月28日から12月4日への傾向:ドラマチックな黄道への上昇、日の出/日没の時の大きな遅れ。
12月5日から11日への傾向:早く/遅く回転する観察された地球の黄道への上昇。
12月12日から18日への傾向:早い日の出、遅い日没 、地球の軌道は逆転したか?
12月19 日から25日まで: 1日あたり数分単位ー板を横切った遅れ
12月26日から1月2日までの傾向:遅れと同様に軌道の 停止を伴う混乱した写真がある。
1月3日から 9日: 軌道は停止/逆転/遅れは写真を混乱させる。
1月10日 から16日まで: 北極がアイスランド方向に漂った
1月17日から 23日まで: 北極が、シベリアに漂った。
1月24日から30日までの傾向: 早い日の出と日没にも関わらず、軌道の逆転のため、遅れの傾向。
1月31日から2月6日までの傾向: モンゴルへの北極の漂い、遅れは続く。
2月7日から13日までの傾向:逆転した軌道は早い日の出と日没と遅れを相殺した
2月14日から20日まで 黄道での降下のため、北半球での早い日の出と日没。
2月21日から27日まで: 極端な傾きが、南半球で早く、北半球で遅くさせている
Trends Feb 28 to Mar 5: later times being noted as week progresses.
Tends Mar 6 to 12: no extreme slowing yet, as the tug on Earth is causing tilting, not slowing.
Trends Mar 13 to 19: weary timekeepers noting no serious slowing.
Trends Mar 20 to 31: increased tilting after Mar 26 sweep.
Trends: Apr 1 to 10: slight earlier trend, due to tilt toward the Sun.
Trends Apr 11 to 20: little slowing noticed during time of increasing tilting and leaning.
Trends Apr 21 to 30: torque has West Coast early, East Coast not!
Trends May 1-10: Sweep 3rd-8th tilt earlier times.
Treands May 11-20: times moves from late to early, due to increased tilt.
Trends May21-31: tilt toward the Sun causing longer day.
Trends Jun 1-10: little change.
Trends Jun 11-20: later East, earlier West, increased lean!
Trends Jun 21-30: increased lean causing earlier sunrise, later sunset.
Trends Jul 1-10: wobbles during sweeps.
Trends Jul 11-20: reverse of expected after Solstice.
Trends Jul 21-31: severe Earth wobble.


註: しかし、古い農業暦 を持たない者は、テレビ、新聞、又は調整している海軍サイトの日の出/日没ー時を決めるのに参考にしている。
正午のマーカーは正確で、そして日の出/日没ー時は、海軍の時計とだけ関係する。
Note: 注:多くの新しい計時係と多くの新しいベースラインのセットによる日を最後にリポートした報告者から、今時は+、又は−として観察されるだろう。

注: 農夫暦は、FBIにより今テロリストの道具として発表されいる
註: マーカー時計計測者による相対的な変化は、計測者による死しようされるベースの日付が異なるので、ガイドとして、カッコで注意しなさい。 ★もし、早いなら、これはEによって示されるであろう、もし、遅いなら、Lで示されるであろう。
これは最後のリポートから日で平均されるだろう。
★★最新の日の出と正午と日没の表はゼータトーク- 遅くなる回転を見て下さい。(訳者ー注 )

SunRISEHigh NOONSunSET
Aug 2
in Missouri#1 : 20 minutes LATE [4L]
Aug 2
in Virginia : 11 minutes LATE [1E]
Aug 1
in Missouri#1 : 13 minutes LATE [2E]