太陽の吹き払いアーム:11 Aug 05

太陽の吹き払いアームは普通温和で、そして惑星をそれらの軌道で一緒に吹き払う、<惑星Xが、内側の太陽系に入って以来、地球と他の内側の太陽系惑星によって試合開始でポーズをとって、ますます注目される

地球の暗い双子が、地球の軌道を共有して以来、吹き払いの間に、「鞭打ち」が起こる地球の後ろで現れた。

これらの吹き払いが起こるのを証明している徴候の多くのものは、停電、又は磁束の上昇、すべてのライブ地震計での地震として記録する地球規模の地震 、強い地震を含む、月は軌道を外れ、前よりひどくなった地球の傾き、又は片寄り、赤い塵のエピソード、又は浮く尾部からの破砕物。

2004年11月1日の注意: 忙しいインタビュースケジュールとより急速な地球の変化、そしポイントは指摘された、並みはずれている、又は押している「吹き払い」情報のみが、今後置かれる。
規則的な時に起こる太陽と「吹き払い」が起こる間に、惑星Xの前で双子の地球と地球と金星が混み、「押し」と「衝突」がある「吹き払い」ページの文書、そして地球がカタストロフィに関連した地球の動きの増加にある。
「天候」「地震」 2000年の後のアップデートされた。 2003年4月の後のSci-Astro討論写真セクションは、何も変わらなかったけれども、ポイントは作られている。

6月8日中位の「吹き払い」による地震6月9日の太平洋ストレスに続き、6月10-12日のウェーク島/ミッドウエー島の地震折りたたまれる太平洋を示した・
6月14日チリ7.9を伴って巨大な吹き払いによる地震 それに続き、6月15日の太平洋の島ストレスによる西海岸の7.4の地震と続いた。6 月17日 大きな「吹き払い」6月27日 中位の「吹き払い」数日のストレスを伴った


5月10日大きい地震
5月12日大きい地震
5月14日大きい地震
5月16日大きな地震ケニア伸び/断裂。
>5月19日大きい地震5月21日の中くらいの地震によって続いていた。5月31日のは、太平洋のぐらつき大西洋のぐらつきによって

5月4-6日継続的なパナマの群発


4月3日の大きな「吹き払い」は、#1374-直面/真夜中の地震パターンを示している。
4月8日大きな「吹き払い」は、4月11-12日に継続し、そして地震襲来が従った。
地震多発を伴った。
4月17日大きい地震4月21-27日12時間のぐらつきによって続いていた。


3月2日の世界的な 地震襲撃世界中のぐらつきによって続いていた。
3月6日大きな「吹き払い」
次に3月11日の数日間の地震計のダウン
次に3月13-15日の太平洋が落ち着かない。


2月2-4日の落ち着かない地震は、2月5-6日の深い地震を伴う結果に続いている。
2月8日の 爆発は、2月9-11日に続いている。
火山の落ち着きのなさが続き、2月15-16日継続的である。
2月19日大きな「吹き払い」カムチャッカチヤッカの小噴火と2月22日 の大きな「吹き払い」

2005年1月1日 大きな「吹き払い」1月 2-6日 に続き継続した、次に1月10-15日 にも継続

大きい「吹き払い」は1月19日までに続いている。 1月23-26日続いているアンダマン地震の余震。


12月2-3日 二つの「吹き払い」. A 12月 6日 大きい「吹き払い」
12月15日 大きい「吹き払い」
12月18日 大きい「吹き払い」

二日で11月2-3日大きい「吹き払い」が起こり、11月8日に大きい「吹き払い」が起き、 11月10日に大きい「吹き払い」が起き、11月11日の大きい「吹き払い」11月12日の巨大な「吹き払い」が更新し、強い地震を伴い非常に強い活動に続いている。

11月15日巨大な「吹き払い」が、11月16日11月18日中間の「吹き払い」に続いていた。
11月 20日 大きな「吹き払い」11月21日 ダブルの「吹き払い」11月 22日巨大な「吹き払い」に続いた。
11月26日の巨大な「吹き払い」は、11月28日の ダブルの「吹き払い」までに続いた。

10月1日の継続したロングアイランドオクラホマの脱線とPhilly/メリーランド破壊を起こした。

10月5日大きな「吹き払い」火球と落ち着かない噴火バージニアでの陥没穴を起こした。
10月7日大きな「吹き払い」が起こった。
10月8日巨大な「吹き払い」が起きた。
10月10日巨大な「吹き払い」は、地震 と落ち着かない再噴火ロンドンのガス漏れ事故とスプリング・フイールドでの脱線を起こし、次に続いた。
10月8日に続きニュージランドの脱線とOcalaの脱線とサンアントニオの脱線を起こし、火球を起こした
10月15日 の大きな「吹き払い」地震アトランタオーストラリアでの脱線とロンドンでのドシーン音とフロリダの陥没穴とセント・ヘレンズ火山の溶岩を起こした。
10月17日の中位の「吹き払い」 12時間のグラツキベーカーロサンゼルスアトランタの脱線とアイオワ水道本管の破壊とインドネシアセント・ヘレンズ火山コリマ火山の活動とカラカスの摩天楼ビルの火事とフロリダでの陥没穴事故を起こした。

10月21日の中位の「吹き払い」は、Seismo報道管制とHAARPスパイクを起こし、フェニックスモンタナイリノイ脱線とDCでのレールの割れを起こした。

ウクライナでの爆発とハワイバージニアの水道本管の破裂は、10月23日までに続いている巨大な「吹き払い」は、日本の地震を起こした。
10月25-26日の継続的な「吹き払い」10月27日まで続いている。
10月28-31日の「ぐらつき」が日本モンタナデトロイトオレゴンのベンドでの脱線を起こし、そしてオレゴンのマートルクリークコネチカットのニューヘブンニューヨークのリトルフォールズの陥没穴を起こし、DCおよびロシアボルチモアウィニペグの陥没穴を起こし、そしてオハイオオーストラリアの火の玉、およびセント・ヘレンズ火山ベスビオそしてラブ火山の噴火の不安を起こし、そしてFreemontボストン および スクラントンで水道本管の破裂を起こし、そして インドシベリアでの爆発 、そして13の小型飛行機の墜落米国での1週間だけでの衝突!を起こした。

9月1日の太平洋三つ組アフリカの爆発を起こした。
9月4日の太平洋の三つ組は9月5日の大きく日本の地震を伴い、密接に続き、9月6日大きさ/2倍は、まれなアルゼンチンの地震と脱線を起こし密接に続いた。
9月9日の中間は、9月10日2倍に密接に続き、そして9月11日の中間に続きそして9月15-16日12時間のぐらつきまで数日の間、地震局はダウンした。
12時間のぐらつきは、ロンドン脱線とボストンの水道本管破裂とLAX無線の故障と同時の火山爆発を起こした。
9月17-18日続きはナッシュビルの水道本管の破裂とマンモス湖パニックを起こし、9月19日の12時間ぐらつきスクラントンの陥没穴に続いた。
9月20日大きなものはボルチモアマンホール爆発とバッファローの水道本管破壊を起こした、
継続的な9月21日12時間ぐらつきと未曽有のポーランド地震を起こし、
9月22-23日続きが、オーストラリアの脱線とオレゴン水道本管破壊を起こし続いている。
9月24日の中間は、セント・ヘレンズの群発地震英国の火球を起こした。
9月28日大きなセント・ヘレンズ火山のアップグレードとカリフォルニア群発地震とドバイターミナルの崩壊とテキサスでの破壊とアイダホモンタナサンアントニオでの脱線を起こした


8月7日 中間が、イエローストーンの地震とHAARPの強い振幅を、火球地震を伴った。8月8日もう一つの12時間のぐらつきを起こし続いた。
8月10日 中間が、NEOの増加を伴った。
8月13日 12 時間のぐらつきは、数日のぐらつきを起こした。
8月18-21日 中位のぐらつき間ヒューストン の爆発と ペンシルバニアでの脱線を起こした。 8月26日太平洋のぐらつきは、デトロイトでの陥没穴事件とバーレーンでの停電とアトランタの爆発とシアトルの水道本管破裂とニュージランドの火球を起こした。
8月28日大きな地震地震のカバーアップ

4月から、各のセットでの1/2/3/の揺すりを伴う「吹き払い」セットの間の11-11-8-8-8日のパターンは、気づかれたが、7月中旬から「吹き払い」パターンは、4/5を含んで変化した。ゼータによる、、続く活動は、ほとんど予測された、それで、「吹き払い」セットを識別するのが難しくなった。
 今後、しかし、セットに群がらずに、「吹き払い」は大きく、中位、12時間のぐらつきとして書かれるだろう

4つの反響、次に5つ、次にひとつの上にもうひとつが積み重なる反響。ひとつは、もうひとつがそれの頂点にあるより前に終わらず、エコーをつくり出し、黄道の下で横の広がりをつくり出し、その広がりは突然に消失する。
 反響とは何なのかと思う人々に対し、ナンシーが「吹き払い」と称して集めた資料を訪れるよう私達は勧める。
 「吹き払い」では、反対回りの軌道でやって来た怪物惑星Xの前で軌道に停止させられた惑星が、互いに押し付けられ前後に跳ね飛ばされるように、太陽の多様な「吹き払う」腕によって叩かれる。
 この「吹き払い」とそれの示すパターンを注意して見る人々には、これもまた時間線の手がかりである。
ZetaTalk: Timeline Clues, written July 18, 2004

7月25-8月5日「鞭打ち」 [10 日間隔]、一つ目12時間のぐらつきアジア地震を起こし、「吹き払い」は、磁気の針状グラフを示した。
2つ目ベルギーのガス管爆発とイリノイ道路上昇とペンシルバニア砕石場の崩壊と火球、隕石の報告と地球よろめきを起こした。
3つ目は、火球アートベルラジオ番組からの目撃者報告とオレゴンの原発からの警告をおこした・
4つ目 は、すぐ後に5つ目が、1日後に12時間のぐらつきを伴って起きた

7月22-28日ー「鞭打ち」 [7日間隔], 1つ目トルコ の列車脱線とマニラの建物崩壊と地球規模の熱波/干ばつ/洪水を起こした
2つ目12 時間 のぐらつきとアジア地震と磁気のスパイクに関連する「吹き払い」を起こした。
3つ目は、 ベルギーのガス管の爆発と イリノイの道路の持ち上がりとペンシルバニアの採石場の崩壊と 流れ星の報告と地球のかしぐを起こした。

7月15-21日ー「鞭打ち」 [8 日間隔],一つ目地球規模の地震 アリゾナのクレパスを起こし、
2つ目は再びすぐきた、3つ目は 堅く締まりもバンクーバー地震をすぐに起こした
4つ目 この時に起こった コネチカット爆発とワシントン火球を伴った。

7月8-11日ー「鞭打ち」一つ目12時間ぐらつきを起こし、五つの州流れ星を伴った
2つ目は再び後ろに近づいた。

6月28日から7月1日までの「鞭打ち」一つ目はアラスカ地震が起き、イエローストンの地震を伴った、
2つ目はシンガポールの停電と中央アメリカ地震とメキシコのクレバス、3つ目はフロリダの陥没穴を起こした。

6月20-25日の「鞭打ち」、地殻の12時間ストレスは、ベネズエラエクアドルカムチャッカ半島ケニアチベット、およびヒューストン地球規模の地震 と20日のSOHODoor Closedオマハ水道本管破壊とアルバータの真夜中の日光月が北に22日の北への傾きマンモス湖の地震と25日のフロリダの陥没穴。

6月8-15日の「鞭打ち」一つ目地震ミズーリの陥没穴とシアトルでの脱線と地震のカバーアップに先行し、そしてカナダ鉄道の脱線とカムチャッカの地震と中国の橋の崩壊を伴った。
2つ目ミルウオーキー の陥没穴と ニュージランドへの隕石落下を伴った。
離れた3つ目メキシコ地震とインド の脱線と最後の「鞭打ち」のパターンに似ている中性子グラフの針状突出を伴った。

5/27日 - 6/2日間の「鞭打ち」一つ目は、ぐらつきと予測された太陽での3 日日間の静けさイラン地震ニュージランドの間欠泉がともなった。
2つ目日本/韓国ロシア地震を起こし、しかし短い時間のカバーアップがあった。
3つ目英国の空の混乱とカリフォルニアの堤の崩壊とシアトルでの火球落下。

5月19-23日の「鞭打ち」のために、一つ目台湾フィッリッピン地震とデンバーのレーダー停止により付随された、そして南東部のストレッチ、2つ目流れ星と増大する傾き/傾き、そして3つ目は、パリ屋根崩壊レーダーの停止、そして集合体の接近後の1日以内に起こった。

5月11-16日の「「鞭打ち」のために、一つ目はグラスゴーの爆発とロンドンの脱線とカスケードのカバーアップと地球の地震を起こした。
二つ目は、火山の爆発とイエローストンのカバーアップを伴い、三つ目は、デンバーの高架橋の崩壊とエックス線上昇流れ星シャワーとイタリアの脱線を起こした。

5月3-8日のむちひものために、一つ目は太陽の出来事の原因なしで、SOHO の焼けこげにより付随されている、そしてチリの地震。
2つ目は、衛星とサーバーを混乱させ、北へ傾いた、そして中国シチリア島の地震を起こした。
 3つ目は、インド地震を起こした。
 早い「鞭打ち」での イタリアニューヨークからの写真、そしてイタリアでの動きを示した後に、そして、ニューヨークの写真での増えた破砕物。

4月22-29日の「鞭打ち」 第一に、ドラマチックなPhillyの傾き見せ、そしてギリシャの写真の証拠によると、oneオーストラリアの傾きは太陽を南に置いた、そして2つ目3つ目に続いて、突然の北への傾きがあった。

4月11-16日の「鞭打ち」 吹き払い前イタリアの通過は、傾き/片寄りを継続してポスト吹き払いの状況を示す。