町中の新しい磁極;New Magnet in Town
2003年6月18日にスタートした

2003年6月8日 第三の磁極が出現。

  1. 地球自身
  2. 地球と整列する惑星Xは、通過が成長するにつれ、地球を過ぎて徐々に動く
  3. 大西洋海溝は、赤道の膨らみとルーズに接合したために、地球とは厳密に整列しなかった。

それ以来は最も最近の出来事、以下が観察された。


On Mar 1, 2008 Compass swung from 58 degrees West of North to about 40 degrees West of North.

On Jan 17, 2008 Compasses changed this morning to 58 degrees West of North from the December 19th position of 24 degrees East of North! Another huge swing.


On Dec 19, 2007 Early this morning, I checked the compasses and they were steady at 58° West of North. Just now, noon here in Pennsylvania, they moved dramatically to 24° East of North. Another major wobble because I have never seen the compasses move this much in such a short time!

On Dec 10, 2007: Compasses are basically at 58 degrees West of North and staying there for now.

On Dec 8, 2007: Today, the compasses both moved more West of North. They were at 40 degrees and went to about 48 degrees. Again, in over 5 years of doing this, only until recently have the compasses moved anywhere past 30 degrees West or East of North.

On Dec 7, 2007: The 2 compasses definitely moved 10 degrees. They were at about 30 degrees West of North and now read about 40 degrees West of North.

On Nov 20, 2007: Today there was another change. It is now back to the September reading of about 28 degrees West of North. Not as extreme as the recent one.

On Nov 11, 2007: At 7:56 am my compasses now read 30° West of North. They moved even more West than days before. Then at 2:19 pm in the afternoon I checked the compasses and the move is now about 58° West of North. Never seen it go this far before.

On Oct 24, 2007: , the compasses showed another swing from West of North to 16 degrees East of North. Sure enough, colder weather from the high heat we had recently here on the East Coast.

On Sep 26, 2007: The compasses have changed again. They both now read 28 degrees West of North. Never seen so erratic changes so frequently now.

On Oct 10, 2007: My 2 compasses moved big-time again on Oct.10. For the past couple of years, it used to take months to get any changes. Now, it appears to be happening quicker - weeks apart. As reported on 9/26, it was at 16 degrees EAST of North. Now it reads 28 degrees WEST of North. Wobble must be happening more frequently.

On Sep 26, 2007: Big change in the 2 compasses today. Must be the wobble. On August 7th, it was about 30° West of North. Today, both went to about 16° East of North. What does this mean if anything? In the past, it meant colder weather on the way.

On Aug 6, 2007: Strange observations today. Started my day in South Bend, In. Noticed my N on my compass pointing nearly due West, just slightly North of geographic West. Cleveland, same. Now just went through Jamestown, NY and N is WNW.

On Jul 24, 2007: on June 28 my compasses showed due North. Today, they swung again to about 20 degrees West of North. In the past couple of times, it always was a sign of warm/hot weather.

On Jun 28, 2007: Both of my compasses moved for the first time in months. If you recall, on your website, they went East of North in Oct 2006. Then later, when warmer weather hit, they swung 18-20 degrees West of North and have been there for some time now. Now they are back to Due North - dead on to the spot that I first set them up with. Something changed again.


2006年10月25日:私は毎日私の2つの磁石計コンパスをチェックする。5月以来少しの動きもない。しかし、まさに今朝、私はチェックし、それらの両方は北の約20度西に動いた!
 それらは、数ヶ月の間、北の約20度西にしっかりとあった。現在、今日、それらは北の西に40度+を示す。大きな動き。
何かが変わった。あなたが知っているように、私は、それらに影響するように、エリアのどのような電子機器でも一度もおいていない。

2006年5月23日:
貿易ショーの二日間に町を出ていた。夜に帰り、磁石計がかなり変化したのに気づいた。私は方向が北東に約12度にあると報告した。現在まで数ヶ月は多くの変化は無かった。現在。それらの両方の磁石計は北西18度と示している!
私が毎日モニターしている、それが今日、昨日起ったのか分からない。

2006年2月13日:クレージーな磁石計の動き。今朝4つの種々の磁石計の表示は不思議である。かなりきちんとした磁石計を持ちなさい。とにかく、私は、北が4つの種々の間隔によって4つの種々の位置にあるべきであると思わない。

2006年2月11日:ここPAのベツレヘムで私が、磁石計を観察し始めて以来、初めての時、二つの磁石計両方とも、北の東に約12度にある!過去の2年、磁石計は、北西に少し偏り、いつも真北にあった、次に最近、北西に極端に寄った。現在、それは実際、北東約12度である。

2006年2月10日ここPAのベツレヘム、私の2つの磁石計が動いた、夜の間ほとんど正常に戻っていた。次にそれらは、前に反してまさしく北からわずかに離れているのを示す、1月8日から現在まで40度であった。何でそれが意味しているか知らない。

2006年1月8日:私は、私の2つの磁石計が狂ったのかどうかを知らないけれども、それらは数日前、再び動いた。  もしあなたが、数ヶ月の間、PA.ベツレヘムで、直接まさしく北であったことを思い出すなら、突然、12月のある日は、約32度西だった。現在、それら両方は北西の40度にある。 私は、それらが北であった数ヶ月の間、磁石計に影響するであろう少しのエネルギーソースも知らない。私は現実の論理的な説明を全然持っていない。


2005年12月15日:注:太陽に引き起こされなかった一時的な流れ!  私の2つの磁石計が、まさしく北の代わりに約32度西でここPAのベツレヘムで示し続ける。この変化は数日前から起こり、再び動かなかった。

2005年12月8日USAトゥデイ科学者は木曜日に言った。そひ記事でアラスカは、地球の北磁極が北アメリカから、およびシベリアに漂流させているので、次の50年のその見せ物の北極オーロラを失うかもしれない。

2005年12月7日ここPAのベツレヘムで前の2、3月の間まさしく北を示している私の2つの磁石計が今西に約32度です!まさしく北であった昨日以来突然の大きな動き。

2005年7月22日朝か、または午後に。今日、ここの私の羅針盤は、それが過去に示した反対のー180度ではなく144度の逸脱で、ここイタリアでの南を示した!



2005年6月11日 :世紀エドモントンジャーナルによると、磁北極点は、荒れるツンドラと凍結した海を漂う一定の伴侶であった。しかし、最近、現在の北磁極の位置を測定するための旅行から戻ったカナダの科学者は、もう、極はカナダ領域を離れ、公海で交差していて、そこには存在しない」と言う。
 地理の北極点と違って一定の動きにある北磁極は、現代カナダ境界内に少なくとも1600年以来あった−−シェイクスピアとアイザックニュートン卿の時代の間。

2005年5月31日www.spaceweather.comどんな明らかな原因なしで、地球近くの惑星間の磁場(IMF)が南に傾いた時に、5月30日の磁気嵐が始まった。
 これは、太陽風が流れ通るかもしれない地球の磁場において開いた穴によるものだ。太陽風エネルギーは突然のオーロラに燃料を次々供給した。

2005年5月23日について:私の磁石計はここエルパソで★25度東に寄っている!

2005年5月14日今朝、私は、私が持っていた磁石計の隣に置くために、2番目の磁石計を買い、北は、現在、★約40度外れている。
 それは、数日前と昨日には★約16度で、★現在まだ16度であった。
私の磁石計の整列は変わらず、そして同じ場所を2番目は同じ場所を示した。
8週間前、私が始めたものと違うのを私が知っている、電気の器具、ワイヤなどが全然ない。
私達は、磁気を変更できる太陽フレアで攻めたてられているか? 今夜、太陽は、磁石計が指し示す★磁気の北で、実際上沈んでいた。
 私の寝室から、それが西に直面しているので、★太陽は西であった。しかし、北の近くで2つの磁石計両方が、★太陽が北近くにある事を示した。不思議な何かが起こっている。
[注:NOAAによると最も強いG3の地磁気嵐は、5月15日の間、報告された。]

2005年5月11日について:約8週前、私はまさしく北に直面する私の寝室に、磁石計を置いた。
 個々の日、私はチェックし、それは正しかった。昨晩、私はチェックし、それは★約16度外れていた!
 磁北は動いた。私は今朝、それを確認し、それは同じ表示であった。磁北は、それが昨日あった所にはない。

2005年4月17日:しばらくの間、今日ブリティッシュ・コロンビア州アイダ山の渦方向を逆転した。2月17日以来、渦は逸脱を★東へ最高11度に起こした。 今日、それは★11度西を示す。
3月遅くに、変動は東へ★4度から9度まであった。
4月7日に、私は磁石計を見て、それが030度なのを見つけ、私が見た最も大きい逸脱、11度、正常な東へ019度。
 この午後、表示は008、又は011度であった;正常な西。

2005年4月8日に:私の磁石計は、テキサスのここエルパソにおいて、ここで、昨晩、私に、★磁北が25-30度だと告げ、古い本当の北の東。東への大きい漂い!
2005年3月22日に:: ここに三つの北グリッドがある,本当に私の磁石計に。私の磁石計は磁北が一貫して本当の北の東に15-20度にある (私達が知っている様に)。
2005年1月8日に:NOAA=米国海洋大気庁は、磁気嵐をに観察し、前回、これは起こり、宇宙ステーションは軌道をかなり落とした。何がこれを起こすのか?
 最近強い太陽フレアが全然なく、または地球に到着するために予測されたコロナの穴もなかった。

2004年12月13日: 私は、過去の週の間に、私の磁石計の不規則に気づいた。私達すべてが、270度の方向で南に歩く方法を知っているように、次に磁北極はこれに対し180度にあるだろう、すなわち、00/360である。
 それで、もし私達が、いわば、次に地軸は私達の足元で180度、そして180度を参考にして定義して北方向に面する、南から後ろに戻って;次にここ英国のstoke-on-Trentで、 (北緯53.04610、西経2.15872) 北は北で見いだせない。;とにかく、しかし、★330-335度の間の針を示した。
  私は、彼らの家庭の位置で、これをチェックすることを私の友人に頼んだ、磁石計の変則があることにすっかり合意した。
 これは、磁気の南北が、「現在お互いに相互に関連しない」ことのように見える。
 これはたぶん、いくつかのために少し技術的なことだけれども、もし私達が惑星上のどこにあろうと、人間は180度である磁南極相互のように磁北極を見いだせない、そして小さなスクープである。 

2004年11月9日毎日、私は、違いを見るために、イタリアでここのデジタルの磁石計で南北をチェックする。まさに今朝、私は、私の北が25度逸脱を335度に発見した
[そして別のソースから]私はあなたが以下の記事を好むと信じる(あいにく、英語のバージョンが全然ない)http://inauka.ru/news/article29525/print.html中央軍隊からの専門家と技術研究所(ロシア)が、200kmの地球の地極のシフトに気づいた。研究所の主要な専門家は、「それを近い宇宙システムの地磁気の影響」と説明する;
これは地球の回転スピードの変化と天候変則を起こす。
科学者は、「現在の変化が、それらの実用的な結果を考慮するために理解される必要がある」と警告する。 彼は、「ますます多くの飛行機墜落事故が、この現象により起こされるかもしれない」と信じる。 .

2004年11月7日: ] 北磁極は今、ここエルパソでの古い真実の北の東18度だ.

2004年 10月20日に:昨日 [10月20日]に、HAARP磁力計に大きいバウンドがあった。太陽の「吹き払い」アームが襲ったのか?
 世界中のすべての
モニターが、10月20日の真夜中と直面ポイントの間、地球と同期している人工衛星がピックアップに失敗した。
 衛星がそれらの場所の頭上でピックアップをすることができず、又はある種類の急増により違った形で圧倒されていたことが、疑われている。HAARPの急増のタイミングを観察しなさいー同じ12時間の間に起こる!

10月5日について:私は昨年、棚に私の磁石計をテープで貼った。9月22日現在、磁北は14-16度、東に移動した。それはその元に帰らなかった。私はここメーンでアップしている。

9月9日に、ナショナル・ジオグラフィック記事、報告地球の磁場は薄れている。今日、それがであった 時 ドイツの数学者 1845年の間のそれのカールフリードリヒガウス開始保持タブ よりそれは約10パーセント弱い。'

9月6日について#1102-時のサイン http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=55053 先月、北は私の寝室の正確な角にあった。現在[9月6日]に北は左(西)に★10度である。それは今朝であった。  私はそれをたった今チェックしたところで、それはもっと多く、★20度と思われている。
大きい湖エリー湖の船員として、私は今年、北が★約8度から10度までの変化を持っていたことに気づいた。
 今年、そこで、ボートに乗せている季節の間に、目立っている変化が全然なかった過去の年と対比されるように大量の変化であるようである。私は、私のGPSが、私がどんな方針を実行しているかを確認できるので、私の羅針盤が見事に作動していると知っている。

[そして別のソースから]1日の間の 1日の間の 10度、正常ではかろうじて1年あたり1度ー驚いた。 [そして別のソースから]昨晩、私は北磁極が東に約10度に動いたことに気づいた!9月6日午前12時01分、北磁極は、再び、それがであった所の21度東でチェックされた。
私は、衛星通信アンテナを右の衛星に向けるために、いつも私の羅針盤を見て、私が衛星専門家であるので、私は最近いくつかの変化に気づいた。
Dishnetworkバード衛星は、南のまっすぐであるここの180方位にいる。先週、私は、磁石計を持って行き、180度の磁石計、アンテナ皿を指し示した。何を推測するか?
シグナルなし!
私は、シグナルを見つけるために、アンテナ皿を西の約10度に移動させる必要があった。
私は、いつも、私が表示を取る時に近くに金属物体が全然ないことを確かめる。なぜなら、それは磁場を妨げて、間違いの表示を起こすからである。 3つの可能な物のうちの1つが起こった:
地球のまわりの磁場は何とかして変わった;
私の羅針盤は悪くなった;
または、衛星はより遠くに西に再配置された。
私は、装飾的ではないlensatic磁石計を使った、まさに機能的であるもの、5年前、私が私の仕事を開始して以来、同じものを持っている。
従って、私は、その精度でかなり確信すると感じている。
8月7日8月7日の10時00分UTCの強い振幅での地球規模の地震 。また異常なHAARPの津波強い振れがこの時間に集中されたことに注意しなさい。8月4日HAARPは比較のためである。

8月3日:昨晩磁極は、10-11度である、;★正常な北の東。

6月6日に:昨年と現在を比較した1ヶ月プロットは、3つの磁気以内で同様な活動を示す。
 最近のミステリー・サークルは、これらの3つの磁気を暗示し、それをHAARPのサイトは示す。惑星Xの存在は2003年5月からの現在の年までに明白で、それが内側の太陽系にあった時に、 HAARPの図が、前年より強い広がりを一貫して示す。

5月24日に:テキサスのエルパソでは、2004年5月24日月曜日の19時25分時には、太陽は、高度19度、方位310度にあった、真実の北は、287度;磁気の(磁石計と23度の違い)。

4月29日について私は、NCの私の家で、磁石計を持ってそとに出た。北は5°NWからずれていた。
 いつも、北が、後ろの窓と完全に並んでいたので、私は事実、知っているけれども、現在、それは5度北西NWである!従って、何かが明確に起きている。

4月20日私は、エルパソでここで私の付近のYahooの通りの地図をプリントアウトして以来、磁北と正常な北の位置のシフトを測定している。
 私に磁石計の範囲によれば、夜の磁気的北は12°と20°である。しかし太陽が昇ると変化は少ない、真の北の西8-15度と読めた。

4月12日について私は、地球の磁極の動きを記録するHAARPサイトをチェックしている。
 まったく24時間てなく、地球の磁極のために、いわば、静止していた。これは、地球の軌道の逆転と吹き払い腕/傾きの影響のしるしか?
[注:モニターは、4月11-12日の吹き払い間、24時間以上の間、まだ動いていない、何も記録しない。]

4月11日私は1982年以来この同じ家に住んでいる。
 これはNYCの約350マイル北西である。
 たとえ前にいつ私がそれを無作為にチェックしたことがあっても、北極は磁石計で同じ位置でいつも指した。
 今日、私はそれをチェックし、それは過去の年、又はそのような時にそのうち、変わったようである。それは約5度、東に動いた。私は、添付された
衛星写真に例示するように州ではずれている
 どのようなタワー、建物、鉄、又はこの変化を起こすように家には新しい何もない。
 解説された写真は、目盛りスケールを持っていないけれども、測定されたシフトは、5度東である。
 このシフトは正常な磁気から外れているようである、6ヶ月などの短い時の地質学的に予期できる。
 組み合わせGPSと磁石計レシーバーを持つ私の友人は、今日SCのコロンビアの近くで彼の家から計測した。
 彼も5度東へのシフトを観察した。彼は元の空軍役員とパイロットであり、「短い期間の上の異常な逸脱である」といった。
 彼は、これの彼の最後のチェックが、約6ヶ月前であると言った。コロンビアは、ここのほとんど正確にまさしく、南の約600マイルである。
[注:Renseサイトからのこの優秀なリポート。]

3月14日: エルパソで今日、私は私の古いマークより北磁極が西に5度移ったことに気づいた。又、私は磁気の北/南の北の太陽の影が、0/360度の時に、南は175度である。13:15時に、その方位と南磁極は165度で、340度の北である。
 私は、75分の変化を説明できない。
[註:これはイタリアでの2月16日のイタリアで注目された磁気的な短い弓形にマッチする。]

3月3日: テキサスのエルパソで今日、MST12:00時に、私は正午の北ー南の太陽の影を観察するために裏庭に言った。その時太陽は、方位ー南160-北340度で高度50度だった。
水平線の北、そして円弧ドームの南40度だった。
磁石計で二ヶ月前の私のマークから北磁極の変化があった、それは古いマークの7度の変化を示した。 N/Sの太陽の影はPM12:45であった。再びあるはずの北磁極の7度だった。これはとても計画を失敗させる( 失望させる)


2月16日数日の間、今、私のデジタルの磁石計が160°から -165°を示すので、イタリアで私がここてで南が同じではないことに注意した、私はこれに過去に言及したけれども、一時的だけで、北はこの評価の反対にない。
南北は逆であるはずがないか?

1月19日:バンクーバーで現在、私の磁石計をチェックし、それは、約5-7度、西を離れて示すようである。

1月17日:私は、現在、約6週間、磁石計を観察している。それはどのような近い磁場の影響でも受けてない。毎日午前6時、正午、および午後6時に私がそれを読む時には、動きが全然なかった。
 土曜日まで2004年17日に午後6時計測 。
 磁石計は東に2度偏りを示した。それは翌朝午前6時に正常に戻っていた。この表示は、コロラドの4コーナーエリアからであった。

1月16日:数週まで、磁極流れにおいて、私は、南アメリカで針がここに示す所で監視していた。
 私はボーイスカウト磁石計を持っているけれども、私は針の方向のいくつかの変化に気づき、極は、実際の西最高45度に動くのを見て、そして15度から45度まで揺り動き、次に戻る。
 私は前の土曜日に、この瞬間(数分)の変化に気づいた 。

12月14日:カロライナ山で、今夜、私の小さな机上用の羅針盤は、正常な北東の30度より多く離れている。通常の変動は5-8度である。
10日前は最低25度離れていた。
[そして別のポスターから]最近、磁場が少し変動しているにちがいない。
最近、私は表示から離れているいくつかを持っていた。
私は複数の羅針盤を持ち、すべて同じ表示である。[そして別のポスターから]私の物はCTで、北北西に約13-14度はずれている。[そして別のポスターから]ワシントンDCエリア-磁石計は北西を示している。

12月3日について:アラスカでは、私の磁石計は★東を示している!
たった今、起こったところである!
 私はここで全人生をすごし、私は、あなたに磁石計が、時に北、又は少し北東、又は西を示すと話すことができるけれども、決して、決して、それらが正常から48度離れたポイントを示さない。
それは東を示し、そしてわずかに南を示している!
 アンカレジに近い南中央。
 私は2つの磁石計を持っている。
1つはどんな干渉からも離れている、すなわち、スピーカー、テレビ、およびそのようなものでも。
 また、どのような他の磁気のソースからでも離れていた、度をマークするために、下の紙を私達の天井に大きいコンピュータ磁石を付けなさい。
 彼らは、同じ変化を読んでいる。
[そして別のポスターから]コネチカットからの報告。私は安い浮き磁石計を持ち、それは、北であるはずの壁を東に示している!
私は再びチェックし、それは正常に戻ったけれども、Nー北の代わりに、まだ少しNE南東と思われている。
[そして別のポスターから]カロライナ山、北緯33-34緯度、西経83-84度、今夜の私の磁石計は正常のNEの25度以上である!
 過去の6ヶ月に磁石計が前後に6-8%揺り動き、決してこのように多くは動かなかった!
 私の磁石計は上等のものではないけれども、私のデスクトップの同じ場所に置いてあり、それを揺れさせる、何もまわりにはない。
[そして別のポスターから]私は北中央BCにいる、私の磁石計は、それがあるべきよりも、もっとNE南東である。
私は、私が私の羅針盤を使う低木にいる、それで、何でもそれに具合が悪いと思わない 。
[そして別のポスターから私の軍隊エンジニアの磁石計を取り出し、表示は、まだ、磁北で、予期されるポジションからの完全な10度を示していた。
 私は、また、配線などのため、どのような可能な変数でも、取り去るために、確認して外の位置で磁石計を使った。
 この時に、私は地球の磁気にひどく具合が悪い何かを見る。
私は、知っている多くによって相談する。
 もし私が測定しているものが、本当なら、私が、感付いているならば、私達は、歴史的に記録された人の経験での1番目のイベントを経験している。


12月1日私の羅針盤は、変化をチェックするために、机に設置される。過去の2週にそれがより遠く西に動き、初めは5度、そして2日後に約4度以上、そして約4日後に別の4度である。
私はまた、そこに上記の羅針盤変化の時と同時の 
http://aslwww.cr.usgs.gov/Seismic_Data/heli2.shtmlリストされた世界的な地震があったことに気づいた。

11月25日:私はVAのシャーロッツビルに住んでいる私は、数週間、私の羅針盤を非常に近くで見ている。 出発点として11月10日をとる、ここに磁北の動きの短いリストがある :数日間で、3度西に動いた、付加的な5度動き、次の数日西に7度戻る、3度参照ポイントに戻る、11月20日に18度揺れる、11月25日に西に4度揺れ動く、現在の位置より2度退却した。  要約すると、まさに2週より多くの週に、★★北磁極は27度の範囲内で動いた。磁北の現在のポジションは、東方向である。 [そして別のソースから]私は、今日、エルパソの私の2つのマークの間の度の違いを測定した。もとは、磁気のNマークは、ビル面の42 度西であった。今日、それは33 度西ある。9 度の違い。
 私は変化の原因を考えている。ビルの影は、今日引き返すけれども、それはほんの4度である、ビルの西の正面の影。

11月23日:正午の10分の間に、私の影がぐらぐらするようで、羅針盤の針は影と共に動いた。
 これは、私がなんとなく、大きい懐疑によって他により受け取られる考える物である。
 空に雲が、全然なかった。
私は動きを見たと確信している。もちろん、私はぐらつきを感じなかった。

11月19日:磁北は、場所を失った。
それは現在、★動き回る。水曜日に、私には、私の羅針盤と私の磁気の北マークを、チェックする時間があった。
私はそれを西に5度動かす必要があった。

11月15日:私の時計における私のデジタルの羅針盤は、もう東のコンポーネントを持っていない。それは、方向 N、S、またはWの登録を持っている。
そして、あなたが、たぶん適当なEである時には、それは270度で西に見えている。これは起こった
11月15日現在の4日間そして別のソースから]現在の1ヶ月の間のこのチャートhttp://www.n3kl.org/sun/images/noaa_mag_3d.gif?を見ている。 それは上がり、落ちて、地球を取り囲む磁場の安定性を反映する。
 ちょうど今週、それは、★完全に違う何かをし始めた。
そして、第一に、それは、かなりsiezure〈それが地震計のように見えた〉を持ち、赤、青色のグラフは線を引き、逆方向に行き始めた。
 赤いラインは、+にチャージされた極であり、青色のラインは、=にチャージされた極を表している。
現在まで、上にそれらは、平行したパスでの動きで、お互いに依存するようであった エネルギー交差パスを共有し、しかし、tandumでの流れである。
 今週の現在、それぞれは反対方向に向いている。
私は、記録されたチャートに振り返り、これは正常ではない。

11月9日掃除 11月14日ごろに一緒により近くに、太陽のアームが、惑星Xと地球を押すことが予測された。
 10月24-26日の多く公表されたXクラスのフレアの間に、11月9日に始まるこれらのチャートを比較しなさい!

10月24日多くの公表されたXクラスの太陽フレアが予測されたが、少し反応した磁束だけだった!

9月6日 土曜日の夜に、私が、非常に良い海軍のコンパスを彼の机に固定した友人から電話を受け取った。  彼は、「彼の目のコーナーからの動きが、彼の注意をひいた時に、それが動いている」と言った。  彼は羅針盤を密接に見て、★針は真実の北の行列から3度を動いた。 彼が見ている間、それが別の2度を動き、そして約30分後に、2度戻った。

9月6日私は、9月7日の日曜日に正午のポジションの表示を得るために、私の羅針盤を取り出し、それが黄道を横切るとそれが非常に遠くに南に置かれるのに気づいた

8月31日私はニューヨーク州でテーブルの紙の上に羅針盤をここにセットアップする。私は北にそれを位置合わせし、それが北、南、東、西を示し、実際、私が、針が3度を西に移動するのを見てマークを引いた。
 それは、現在 ちょうど2時間以下の時の間に、後ろに東に約1度逸脱する。確実に磁場はクレージーになった。

8月26日[イタリア]今朝、私は私の2つの羅針盤ー デジタルのうちの1つーでの強い変化(15°)に気づいた。それは他の国から確認されるか?

8月23日8月の最初の週以来、磁力計グラフは、赤いラインの上方の曲線により示されるように、明確な東傾向がある。

8月21日極端な磁石変動には、いつ大西洋裂け目が、惑星Xに直面しているかが注目された 地球的な地震が起こったポイント 。

8月18日私が毎日見ている私の羅針盤は、2日の間、12-13度、東から離れる。
  それは8月17日の日曜日以来このポジションにある。私はNCに住んでいる。

8月11日ここ、Stメアリーの川、スペリオル湖に、方位計が、普通より異なる位置に奇妙な時に馬鹿になる。
はい、スペリオル湖に、固定されている異常があるけれども、私達は、それらがどこにあるかを知っていた。現在、彼らは来て、帰る。私は研究ボートで働く。従って、私達は方位計の変化に非常に気づいている。

8月8日私が私の机に方位計を持っていて8から午前12時までのおよそ15分の間多くの時(5+)、北での15度の変化に気づく、フロリダ、ジャクソンビル、2003年8月8日。
 私は変化において、HAARP Fluxgate磁力計がまったくアクティブであることにも気づいた。このHAARPデータでの統計、又は傾向の分析をタイプさせることが興味深い。
これは、方位計による跡に続いていることができる私の古いボーイスカウトのアイデアを台無しにする。数分の間の15度変化により、コースから人をはずす。

7月29日1回の間、モニタが消された所で、地震のスケールダウンされた報告と歩調を合わせてカバーアップが出現した。変動は観察された:

7月12日磁力計は、また急増し、、大西洋の裂け目の強烈なグリップが、回転停止の準備のため増大させていたので、しばしばステーションが、事実上、ほとんど互いに反対にあった。

6月18日HAARP Fluxgate 磁力計は、一年前には野生の変動が存在しないことを示した。フレアが変動について責任があるとの弁解は、鍵となる大西洋裂け目ポジションー対ー惑星Xで起こる地球的な地震を考慮せず、写真が、地球と太陽 、または最近の赤い月/塵現象の間に戻りの茶色小型惑星の到着を示している。
再び太陽フレア、私達は、太陽のSOHOの写真を改変することを行い、大衆への直接的な開示の時に、すべてのハッブルの写真を抑えるNASAと海軍の言葉を取らなければならない