Synergy of Signs :サインの相乗効果 -20june-05
通過に徐々になる

 通過への接近で、惑星Xは現在どこであるか?
 2003年の早期の間の太陽系を通る惑星Xの軌道は、オリオンの方向からであり、逆行軌道である。
  その接近の間に黄道の下、32度に飛びこむ。
通過して、交差するために、予備的に、まず(prepatory)昇った。
このポイントに着く時のサインは、何か?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
回転停止が、惑星Xが、★4500万マイル(7200万Km)と見積もられている地球と太陽の間の半分の所に居る時に、大西洋裂け目は、掴むために起きるだろう、けれども黄道の下で惑星Xが、地球から1400万マイルで地球と太陽の間に正確にあるようにそれが来た時のシフトが起こる。
★★「(訳者ー注 )地球と太陽間の平均距離→1億4960万km(9350万マイル)、上の4500万マイルは、9350万マイルの約半分にあたる」ーなお原文では削除されているがあえて載せておきました。

ゼータにより説明された地球と太陽の間の中途の通過のポイントを見逃すことなしに、現在、どちらの惑星も、それらの軌道をより遠くに進行できない、地球の軌道は、停止への遅い回転と同様に、磁気の掴みで遅れるかもしれない。ドラマは始まりかかっているかもしれない。

  1. 6月20日6月23日の大量の地球的な地震は、確かに、ある変化を信号で伝えた。写真から、★それが、真実の物質的な位置であるホワイトペルソナと思われている、それは6月26-29日までに黄道に近づく。
  2. 6月22日までに始められた地球変化をシリアスな政府はカバーアップを始めたそしてこの時、6月28日ホワイトペルソナは、太陽の右に見えた。
  3. 地球が、その軌道に留まっていたように、そしてその逆行している軌道での惑星X、彼らがより近くに来た、惑星Xは輝き、大きくなり、そして★右から左へ7月6-14日の間に動いた。 
  4. 地球と太陽の間に一層まっすぐに来ることによって、太陽風が、地球に向かって惑星Xの尾部を吹きつけ7月9日までに爆発的な赤い雲間からさっと漏れる日光として見える、そして赤い塵は増大する。
  5. および赤い塵は 増大する。7月15日までに、チリ雲は地球にますます引き付けられた。
  6. 8月4日のウィスコンシンのミステリー・サークルは正確なZetaTalk三角形を含み、他のミステリー・サークルは、至点を推定し翼を付けた球の外観を推定した。
     ★翼を付けた球は8月16日に出現した。
  7. 7月15日までに惑星Xと地球の間の磁気と重力のドラマは、交戦中である。チリ雲は地球にますます引き付けられた。
  8. 古代ユダヤと中国の休日は、秋の大変動を予期し、写真キーとなるミステリー・サークルに同様な角度で太陽の周りの惑星Xを示している。
[惑星X]は、浮かぶ率で遅れる、また、太陽を過ぎて浮かぶポイントである回転停止の週の間に、地球を過ぎてそれが浮かぶので、…惑星Xは、まったく地球と太陽の中間でなく、地球から数百万マイルに居るだろう。
ZetaTalk:遅れる影響

ゼータにより説明される地球と太陽の間に通路のポイントの中途をなくすことなしで、現在どちらの惑星もそれらの軌道をより遠くに続けて行けない。
地球の軌道は、停止への遅い回転と同様に磁気のグリップにおいて、遅れるかもしれない。
ドラマは始まりかかっているかもしれない。

このように惑星Xは、地球と太陽の間に直接にでなく地球の軌道面に入ってくるだろう、しかし惑星Xの接近にいくらか近くに進んでである。
あなたがこの時、地球の軌道面の上から、オリオンに向いて見る時に、地球と太陽と惑星Xは、このように地球での23度、太陽での18度、惑星Xでの139度の三角形を形成する。
それは本質的に惑星Xが地球に近づくこのポイントである。
ZetaTalk: 侵入角度
磁化された惑星体に影響する他の影響と共に、磁場は距離で変化する、現状は間違った理論を説き伏せる。  しかし、磁場が小さい惑星体の抵抗する能力が克服される程度により引き込む時に、突然変化がある。 ★そして惑星Xが次の日も前日と同じサイズで姿を現し、尾部、および月は同じように見える、しかし回転は停止に向けて遅れる!  
ZetaTalk: 通過のポイント
May 16: ホノルル
5月27日:ブリスベーン
7月7日:アーカンソー
6月12日:ニューヨーク
6月14日:ギリシャ
6月26日:フロリダ
7月6日:フロリダ
7 月 9日:イタリア

二倍の太陽輝きの増加

写真上記の太陽のセンターのドットは、カメラの軽い露出過度により起こされる。
これは、光到来のため太陽と惑星Xから最近の数週内にだけ出現した。 それが薄れているはずの所でより明るい夏至の後に、増大した明るさが、これらのバンクーバー写真に見られ、★惑星Xがより近くに来るのを証明する。 この余分な光は、また、作物を2週早く地球のまわりに熟させた。
私はイリノイの農夫である。この夏に太陽がどれほど異常に明るかったかので、私の友人の多くはコメントしている。私はその上、これに気づいた。
これまでの相対的に冷たい成長季節にもかかわらず、私達の作物はこの年の間よく成長した。
…桜桃色の作物は、約2週早く、ここに北ユタで熟していた。

太西洋の裂け目が惑星Xの鍵となる位置にある時の地球的な地震

5月26日:アルバカーキ、ニューメキシコ 6月23日:アルバカーキ、ニューメキシコ
8月4日:バルマー基地、南極

黄道への上昇

その磁場によって、まるで手のように地球の下に達することができたので、惑星Xによって、すべての側から大西洋裂け目が近づきやすかった南から昇る、地球的な地震は、到達がこれを許した時に、合計4グリップポイントで等しく配分した。
 6月20日6月23日の多くの地球的な地震の期間の間に。
 これは、惑星Xの磁場が少し離れて、弱いので、大西洋裂け目が地球のコアによって整列した時に第一に、変わり、直面および暗い配置の時に指し示す。
7月初めに、惑星Xがより近くに地球に浮かんだように、直面ポイントで磁石を位置合わせすることに努めて、強調は、夜明けと夕暮れ時のポジションの時に整列に大西洋裂け目を牽き、つかむ必要があった、その整列を強制するのに、それが支配的な磁石として十分に近かったからである。 段階は、回転の遅滞と停止のためのセットされた。

中国の日の出
フロリダの日の出
イタリアの日の出

大気の赤い塵:

6月23:フロリダ
6月24:ニュージーランド
6月30:キーウェスト

チリの雲の到着

7月6日7月7日の間に。
惑星Xの巨大なチリの雲が地球から見えるように、太陽の全体のエリアを包んで動いた。
この雲の中で飛び跳ねる反射した光が、 SOHO/EIT を焼いた。
この到着は続き、7月9日に例証するように、尾の中の赤いチリにより地球がなでられる時の前兆である。
赤いチリのセッティングは7月28日に明白である。

July 17: Italy

July 18: Texas
July 20: Georgia
July 24: Texas

July 28: Florida

後退している動き

大西洋裂け目が、惑星Xによりつかまれるポイントは、それが直面している時で、大西洋裂け目の夕暮れ時に惑星Xが視界から脱出して、地球の暗い側、または夜明けの再度の存在と逆である。
 太陽の右から左への動きは、重要な地震爆発が起こる時にUTC時間により見られうる。

6月20-30日
_________

00-02 暗闇
06-08夜明け
13-14 直面
16-17 正午
18-20 夕暮れ時
7月6-13日
________

21-23 日暮れ
04-06 夜明け
12-13 直面
14-15 正午
16-19 夕暮れ時

この時、物質的な本当を表しているホワイトペルソナは、写真で惑星Xは右から左にドラマチックに移住した!

6月 29日、中国の日の出写真 7月6日のイタリア 正午の写真 7月 14日、中国の正午の写真

ウィスコンシンミステリー・サークル関係

7月4日ミステリー・サークルがウイスコンシン州の近くのHoricon沼の大麦の畑に出現した。
 最近の写真の太陽vs惑星Xのサイズへの関係、黄道への上昇、および回転停止とシフトの間に黄道での位置とこのサイズが予想できるミステリー・サークル中の図形は、シフトは、サイトを個人的に訪問したナンシーにより直ちに認められた。
 黄道への惑星Xの突入のためゼータにより描かれたより正確な三角形はのミステリー・サークルが、ゼータトークと関連することを意図したことを示して存在する。
人の目により見られるように、惑星Xの相対的なサイズは、一番右の円は、7月4日に先んじてのサイズを示す、真ん中は、7月半ばまでのサイズを、そして一番左の円によって、予期されているサイズを示す。
地球への太陽の磁気の影響の地位を奪うことが、回転停止とシフトを起こす惑星Xの黄道の位置は、一番右の円が、妨害なしを、真ん中が、部分的妨害を、そして一番左が、合計妨害を示さないラインにより示される。 この関係がウエッブ上に投稿された後にUSAFはこのサイトを訪問した。
★日付はミステリーサークルから推論できる。 第二の7月4日ゼータの三角形のミステリー・サークルは又、遅く発見された。

Florida, July 7
Wisconsin, July 16

Seattle, July 17
China, Aug 6

July 4

July 4

英国のミステリーサークルとの関係

5月14日, ニューカッスル・ヒルのミステリー・サークルは回転停止時のサイズ
に関係する。
6月21日Wadenヒル黄道への上昇
7月21日Hackpenの丘回転停止ダイヤル
7月31日 Westoverton 通過への
8月2日Eastfield/Southfield至点の参考地震/極発生と9月の日を持つ。
8月3日のモルガンヒル/Aveburyストーン程度の秘密
8月4日ウオーカーヒル翼を付けた球 の参照
8月8日グローバルな地震への鍵Everleigh
8月8日 Southfield太陽の吹き払うアーム
8月10日ノースダウン3の集中
8月24日 オハイオ大豆畑のペルソナの合併
6月21日ーWaden Hill
太陽(より大きい円)は、地球(中間)により近く、従って、惑星Xの影響は、まだ太陽の影響を無効にしていない
 惑星Xが黄道(垂直線)に達するのが示され、サイズを増やし、そしてシフトの後のラインの方法で遠ざかる。
 惑星Xの陰陽のシンボル(磁場の到達)は、太陽の影響に取って代わらない。
7月20日ー Hackpen Hill
陰陽のシンボル中の惑星Xは、現在地球に太陽の磁場の影響を向こうに押している
惑星Xの後退している動作(右回り)は表されている。回転が止む時の36時間の日に言及されている。
 シフト前の5.9日の停止が描かれる。 停止への徐々の導きの日々は、わざと漠然としている。
8月 4日ー Walkers Hill
翼のある球として惑星Xのサイズの増加(5 月16日と5月27日の上の写真) 、又は6日の期間を象徴し、又は5.9日の回転停止や停止までの残りの日を象徴している。
6月 21日の Waden Hill
7 月 20日 Hackpen Hill
8月 4日 Walkers Hill

初期の惑星Xの写真は、集合体のサイドから来たチリの渦巻きを示し、 翼のついた地球、旅行する惑星のためにエジプト人やシュメール人を含めて多くの文明での古代のシンボルです。 8月4日 ウオーカーヒルのミステリー・サークルはこのシンボルの参考になる。


April 16: ノース カロライナ
July 29: アーカンソー
May 16: ホノルル

May 27: ブリスベーン

July 18: アルバータ

遅れている回転と関連したカバーアップのステップ

6月22日
太陽およびその近郊の視野SOHOの写真
太陽とHeliospheric観測所(SOHO)宇宙船は2003年6月22日の週の間にその科学のデータの通信において途絶を経験すると予期された。
 これは、約2週半から3週まで、続くように見積もられている。
[註:書庫からの 7月14日のSOHO EITは貧しく改竄され続けている]
6月30日
NEIC地震データ
ハッカーが、アメリカインディアンの$10億ドルに達することを防止するために、そのお金は、部門により操作される。
... Royce Lamberthは、内部部門ウェブの閉鎖が命じられて、1番目は2001年12月である。
 12月に戻ると、ほとんど、内部部門のPCのうちのすべては、接続が絶たれて、それのうちのすべては、閉鎖されることを強制されるサイトである。
 これらのうちの1つサイトは、全国地震情報センターであり、それは閉鎖のため、その規則的な地震活動報告を、記事に出来ない。
7月3日 [註:地震はスケールダウンされ、そして、 リヒター は、ひどく 下方修正され報告されている
米国海軍観測所--太陽と月のデータ
あなたは、このページを見るために検定済ではない。あなたは供給される信用証明書を使って、このディレクトリ、又はページを見る許可を持たないかもしれない。
 もしあなたが、信ずるならば、あなたがこのディレクトリ、又はページを見ることができるはずである、どうぞ、どのような電子メールアドレスでも使ってウェブサイトに連絡しようとしてください、、又はaa.usno.navy.ミルホームページにおいてリストできる電話番号に連絡して下さい。
 あなたはインターネットについての情報を捜すために、検索をクリックしなさい。
[註:このサイトは7月14日に伝えられるところによれば、再び動いている、データが変更されたかどうかは知られていない。]